歯医者と綺麗な歯を保つために

歯医者では歯の健康に関して、その人の適切なアドバイスをしてくれます。

虫歯予防であれば、歯医者では歯磨きを丁寧にすることもアドバイスをくれます。
六本木の歯医者のサイトはこちらです。

毎日の歯ブラシによるブラッシングは、日常的なことではありますが、いつの間にか自己流になりがちです。

歯医者さんでは虫歯ができやすい人には、大人でも丁寧なブラッシング指導をしてくれます。

虫歯予防には、日々のブラッシングを丁寧に行うのが基本だからです。

さまざまなブラッシングの方法はありますが、縦磨きで、歯を優しく撫でるように磨くのは、やってみる価値のある良い磨き方です。

なぜ磨く方向にこだわるかというと、横磨きをするよりも縦に歯を磨いたほうが、歯茎の部分へのダメージが少ないためです。
ソフトに撫でるように磨くのは、歯の表面に存在するエナメル質に傷を付けないためです。
歯を縦で磨くことで、唾液分泌が活発になる利点もあります。

リンやカルシウムも含まれるのが、口の中の唾液です。

これらは天然の歯を、今よりも強くしてくれる作用があります。

唾液は殺菌作用がありますから、存在する虫歯菌のパワーも抑制することになります。口腔内はいつもは中性ですが、食事を下時には酸性になります。唾液の力によって、酸性に傾いた状態も中性へと戻すことができます。
脱灰は歯のエナメル質が溶け出す環境ですが、そういった状態を再石灰化へと買えるので、歯は修復されて強くなっていきます。

歯磨きには歯磨き粉がイコールに思われがちですが、歯磨き粉がなくても、丁寧なブラッシングは虫歯予防になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *